愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

最新情報

2015年5月8日
銀行カードローン情報
サービスも充実した銀行カードローンの事を知ろう!
サービスも充実 銀行のカードローンは、銀行の安心性と消費者金融業者の融資スピードを兼ね備えた利用者にも負担無く・・・
2015年5月8日
銀行カードローン情報
銀行のカードローンって何?借りる前にチェック!
銀行融資とは、借りにくいイメージがかねてから強いところでしたが、今ではカードローン商品を取り扱う銀行も多くなり・・・
2013年7月18日
消費者金融でもおまとめローンは可能です
消費者金融でもおまとめローンは可能
キャッシングなどをたくさんしてしまうと、 実際にいろいろな不具合が出てきてしまうものです。 不具合というもので・・・
2013年5月1日
おまとめローンとしておすすめ
おまとめローンとしておすすめのオリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローンは、おまとめローンとしてランキングでも評価されているカードローンです。おまとめローン・・・

銀行でお金を借りるならカードローン!

銀行で普通にお金を借りる場合は、どうしても敷居が高いイメージがあります。

審査に時間がかかり、必要になる書類も多い、しかも銀行で融資を受けるとなると、どうしてもそれに伴う審査に時間がかかりますから、急ぎの要り用には、間に合わない可能性もあります。

そのため、仮に銀行で融資を受けるにしても審査も早く契約自体も簡単なカードローンがお勧めです。

最近は、即日に利用が可能なカードローンが、銀行でも取り扱っていますから、安心出来る銀行でお金を借りたいという場合は、銀行のカードローンはお勧めです。

銀行のカードローンは、いってみれば「キャッシングの利便性と銀行という安全性が一体化した融資商品となるため、銀行融資でどうしてもお金を借りたい場合には、手軽で安心、なお且つ便利なカードローンの利用がお勧めです。

銀行のカードローンは、キャッシングの借りやすさが備わるローンとなるため、審査も比較的簡単で時間もそれほどかかりません。 審査時間は各銀行によって違いますが、早い場合で大体30分程度あれば終了してしまいます。

もちろん、通常の銀行融資より審査も柔軟なので、銀行という安全性の高い融資機関でお金を借りたいという場合は、銀行のカードローンをご利用ください。 ただ、一般の銀行融資とは異なり利便性の高い融資商品で、審査時間も短縮しているだけに他の融資商品よりは、条件が若干悪くなります。

若干条件が悪いというのは、金利が銀行の目的ローン等の融資商品とは違い少し高めになっている傾向にあるという事。 例えば、銀行の目的ローンは、大体「10%以内」の金利で収まるところが、カードローンの場合は、平均「15.0%前後」の金利になるため、カードローンを利用する場合はその点だけ十分に認識し利用しなくてはいけません。

ただ、お金の要り用の際というのは、どうしても急ぐという場合があるので、急ぎに対応できる銀行融資となるとやはりカードローンが適していると考えますから、銀行融資の利用を検討し、なお且つ急いでいる場合等はカードローンの利用がお勧めです。

銀行の融資は、一般に敷居が高いイメージが強かったのですが、このカードローンが誕生してからは、若い方を中心に大変人気となっており、審査傾向も従来の審査とは異なり非常に柔軟になっています。

また、カードローン自体、銀行だけでなく消費者金融業者でも扱っております。 更に消費者金融業者のカードローンはスピードがあり、審査もやはり銀行ローンと比較すると従来通りの柔軟さではじめての方でも比較的簡単に融資を受ける事が出来ます。

また消費者金融業者といえども、現在は銀行の傘下に入る融資会社となるため、安心性も以前よりはるかに高くなっているため銀行に拘らずともカードローンを利用するには選択肢が広いかと思われます。とはいえ、やはり金利は銀行のカードローンよりも高めなので、カードローンを利用する場合には、返済負担をしっかりと考え計画的な利用が必要です。

借りる前のチェックポイント

銀行のカードローンは、審査も随分と早くなり、内容自体も非常に柔軟になっています。

そのため、銀行のカードローンは非常に人気で、若者を中心に大変利用者が増えています。

又、銀行ローンは総量規制の対象外ということもあり、消費者金融利用が難しい方も銀行ローンだと借りられるケースもありますから、貸金業法の改正等の追い風がふいた事で銀行カードローンの人気の秘密でもあります。

また、銀行のカードローンは、消費者金融業者がかねてから扱うカードローンよりも良心的な金利で返済負担無く利用できますので、尚更借りるなら消費者金融業者より銀行がイイとなるわけです。

当然、カードローンを利用する場合は、借りる前のチェックとして、その「融資商品が負担無く無理なく利用出来るか?」という部分が重要なので、金利の面等を考慮しローンを選ぶと銀行ローンを選ぶ事がお勧めですし、負担無く利用出来ると思います。

ただ、借りやすいといって安易にお金を借入すると、いつの間にか収支バランスが取れなくなってしまうケースが多いため、カードローンを利用する前には金利はもちろん、融資に対する「借りる」「借金」という意識を何より考えなくてはいけません。

借りる意識とは?

銀行のカードローンを利用すると消費者金融業者のローンを利用するよりも負担なく利用できます。

それは、もちろん金利が違うからです。

消費者金融業者のカードローンは一般に以前より低くなったとは言え「15.0%以上の18.0%」です。 しかし銀行ローンを利用すると「15.0%以内」でほとんど利用できますから、この違いはかなり大きいと思います。

ただし、いくら条件のいい融資を利用しても借りる側の意識が薄ければ、条件のいいローンも負担、返済不能に陥ります。 なので、いくら銀行のローンを利用するといっても自分の収入と支出を把握し、そのバランスを崩さないようにお金は借入しなければいけません。

銀行のローンは主に返済方法においてもリボ払いにちからをいれており、これは一括返済のした場合でも状況により変更でき便利である反面、使い方を間違えると返済の負担を抱える事となりますので、銀行のカードローンを利用する場合でも「借りる」という意識をしっかりと持たなくてはいけません。

サービスも充実した銀行カードローンの事を知ろう!

サービスも充実 銀行のカードローンは、銀行の安心性と消費者金融業者の融資スピードを兼ね備えた利用者にも負担無く・・・

銀行のカードローンって何?借りる前にチェック!

銀行融資とは、借りにくいイメージがかねてから強いところでしたが、今ではカードローン商品を取り扱う銀行も多くなり・・・

消費者金融でもおまとめローンは可能

キャッシングなどをたくさんしてしまうと、 実際にいろいろな不具合が出てきてしまうものです。 不具合というもので・・・

おまとめローンとしておすすめのオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、おまとめローンとしてランキングでも評価されているカードローンです。おまとめローン・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ